>

レンタルスペースでの注意点

この記事をシェアする

どんな注意点があるか

まずレンタルスペースを行うにはその部屋の特徴をじっくりと調べなければなりません。
何故ならばもしあなたがバンド活動の練習、ダンスの練習などをしたら、その部屋は防音でないと他の周りの住宅街の人たちにとっては迷惑になる可能性があります。
そのため借りれる部屋の特徴や注意事項、備考欄などをじっくりと読んで最新の注意を払いましょう。
もし書かれていなければ責任者に連絡を取り、前以て使用目的を伝え、大丈夫かどうかの確認を行うのも大事です。
レンタルスペースは様々な部屋があり、それはもちろん設備なども異なりますのでその点をよく見極めてからレンタルした方がいいでしょう。
もし希望の部屋がなければ機材などを持ち込んでみても良いと思われますが、それも事前に確認を取りましょう。

器物破損には気をつけよう。

レンタルスペースを行なったからといってその部屋があなたのものになったわけではありません。
ですからその部屋に置いている設備や精密機械などは丁寧に扱いましょう。
次の人が使用するからもし壊れたりしたらその人に対しての迷惑もかかりますが、一番怖いのは器物破損として弁償させられることでもあります。
また信頼関係の問題も大きくなり、下手をすれば二度と部屋を貸してくれなくなるかもしれません。
そういったトラブルを起こさないようにレンタルスペースに配置してあるものは大切に扱いましょう。
器物破損してしまい弁償してしまうと、せっかく安く借りれた部屋が大きな損害で多大な金額になってしまい支払いするとなれば意味がないです。


トップへもどる